• 骨をできるだけ削らない「OAMインプラント」
  • セカンドオピニオン専門医 インプラント無料相談
  • 他院で断られた場合でも可能インプラント「骨造成法」
  • 抜歯した日に噛める「即時埋入」「即時加重」
  • より正確な診断のために 歯科用CT

診療時間、大田区、雑色、蒲田の歯科医院、六郷インプラントセンター

  • 午前 9:00~13:00
  • 午後 14:30~18:30

※土曜日は9:00~17:00
休診:木・日・祝祭日

<アクセス>
東京都大田区仲六郷3-5-8
TEL:03-5711-5564
京急本線「雑色駅」:徒歩3分
京浜東北線「蒲田駅」:バス10分
駐車スペース有り
  • 郷友会 原歯科 本院 大田区、雑色、蒲田の歯科医院
  • 小児歯科・保険治療専門 郷友会 六郷歯科クリニック 大田区、雑色、蒲田の歯科医院
  • 医療法人社団 歯科 郷友会
  • メールでのお問合せ

 
 

歯医者/歯科医院情報

歯科医院検索
東京都大田区の歯科医院・歯医者

インプラント体

インプラントの大きな種類としてワンピースとツーピースがあります。
当院では主にツーピースの純チタンインプラントを使用しております。症例によって使用するメーカーが異なります。

 

ワンピース
アバットメント(かぶせ物の土台)とインプラントが一つになっているもの

■メリット
 ・パーツが一つで済むため材料費のコストダウンができる
  (※低価格インプラントと表示している歯科医院ではワンピースの価格を表示していることが多い)
 ・一度の手術で済む

■デメリット
 ・インプラントとアバットメントが一体になっていて口腔内に出ているため、定着する前に舌や口内にあたり傾いて定着してしまう可能性がある
 ・アバットメントの大きさや角度を選べないため、かぶせ物で調整することになりいびつな形になることが多いため審美性やかみ合わせが不十分な場合が多い
 ・骨の弱い部分には使用できない
 ・対応できる症例が少ない

 

・ツーピース
インプラントとアバットメントが分かれているもの

■メリット
 ・アバットメントの大きさや角度を選べるので審美性が高い
 ・インプラントが定着するまで歯ぐき上には何も出ていないため傾く危険性がない
 ・骨の弱い部分でも使用できる
 ・様々な症例に対応することができる

■デメリット
 ・ワンピースに比べて材料費がかかる
 ・一部の場合を除き二度にわけて治療を行う必要がある
   ※アバットメントとインプラントをつなぐネジがゆるむケースがあり欠点だといわれていましたが、現在は改善されそのような危険性はありません

以上のようにワンピースは歯科医師側にとっては有利ですが、患者様にとってのメリットは少ないため、当院ではツーピースのインプラントを使用しています。