• 骨をできるだけ削らない「OAMインプラント」
  • セカンドオピニオン専門医 インプラント無料相談
  • 他院で断られた場合でも可能インプラント「骨造成法」
  • 抜歯した日に噛める「即時埋入」「即時加重」
  • より正確な診断のために 歯科用CT

診療時間、大田区、雑色、蒲田の歯科医院、六郷インプラントセンター

  • 午前 9:00~13:00
  • 午後 14:30~18:30

※土曜日は9:00~17:00
休診:木・日・祝祭日

<アクセス>
東京都大田区仲六郷3-5-8
TEL:03-5711-5564
京急本線「雑色駅」:徒歩3分
京浜東北線「蒲田駅」:バス10分
駐車スペース有り
  • 郷友会 原歯科 本院 大田区、雑色、蒲田の歯科医院
  • 小児歯科・保険治療専門 郷友会 六郷歯科クリニック 大田区、雑色、蒲田の歯科医院
  • 医療法人社団 歯科 郷友会
  • メールでのお問合せ

 
 

歯医者/歯科医院情報

歯科医院検索
東京都大田区の歯科医院・歯医者

 歯周病

歯を失う原因の第1位は「歯周病」

歯を失う原因の第1位は「歯周病」
歯を失ってしまう主な理由として「歯周病」と「虫歯」が挙げられます。その中でも左図のように、「歯周病」が原因で歯を失ってしまう割合は40%をこえて1位であることが分かります。また、年齢別に見ると、30代から歯周病の割合が急増していることが分かります。
成人の歯周病の罹患率はとても高いと考えられており、程度の軽いものを含めると成人のほとんどが歯周病にかかっているといわれております。ですが、歯周病は普段のケアと定期検診により予防することができます。ご自身の大切な歯を守る為にも正しい予防知識が必要なのです。

歯を失う原因の第1位は「歯周病」

ページのトップに戻る

歯周病の進行状況

歯周病の進行状況歯周病は、進行してしまうと口臭などの原因となるだけでなく歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。下表は歯周病の進行状況に関する表です。なるべく早い段階での治療が重要だといえるでしょう。


  • <a href=歯肉炎 " width="150" height="150" />

    歯肉炎
    歯の周りにプラーク(歯垢)がつくことで歯肉に炎症がおこり、歯肉が腫れるようになります。

  • 軽度歯周炎

    軽度歯周炎
    歯周ポケットが深くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて喪失しだします。歯を磨くと出血も見られます。

  • 中等度歯周炎

    中等度歯周炎
    歯槽骨の喪失が増え、歯が動くようになります。膿(うみ)が出ることもあり、口臭も気になります。

  • 重度歯周炎

    重度歯周炎
    歯槽骨が3分の2以上喪失し、歯がグラグラになり、やがては抜けてしまいます。口臭は、よりきつくなります。

ページのトップに戻る

歯周病は万病のもと

歯周病によりガン・心臓病・糖尿病の発生リスクが高まる可能性があります。 喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のガンのリスク増大と大きな関連性があり、全体的にガンを患う可能性が14%高いといわれています。

ページのトップに戻る

健康な歯肉と<a href=歯肉炎" width="595" height="33" class="marginBtm20" />

健康な歯肉と<a href=歯肉炎" width="225" height="150" class="alignleft" />歯肉炎の主な症状として下表のようなものがあります。少しでもお心当たりがある方は、一度歯科医院で検査を受けることをおすすめします。

  健康な歯肉 歯肉炎
  健康な歯肉 <a href=歯肉炎"/>
うすいピンク色 赤っぽい・赤紫色
歯と歯の間がピラミット状 丸くふくらんでいる
感触 ひきしまりピチピチ 腫れていてブヨブヨ
出血 出血しない 軽い刺激で出血する

ページのトップに戻る

歯磨きのポイント

適切な歯磨きによるセルフケアは、健康な状態を維持するための必要不可欠な要素といえます。歯磨きのポイントとして以下のような物が挙げられます。

* 歯ブラシの毛全体を歯面に当てる
* 適正圧でみがく(お使いの歯ブラシの種類によって違います)
* 1~2cmくらいの幅で横に動かします

歯磨きのポイントまた、「奥歯の奥」「噛む面」「歯と歯の間」「歯並びの悪いところ」は特に磨き残しやすい箇所です。意識して磨くようにしましょう。下表は歯の平均寿命を表したものです。磨き残しやすい部位と歯の寿命の短い部位が一致していることが分かります。磨き残しがないように充分に注意して下さい。

ただし、歯の形や歯並びは一人一人違う形をしております。つまり、磨き残しやすい場所などは患者様によって違うのです。そこで、歯科医師や歯科衛生士などの専門家による定期的なメンテナンスとアドバイ
スを受けることが重要だといえます。

歯磨きのポイント

ページのトップに戻る